【中学受験、終わりました】

息子の中学受験が終わりました。
春から、本人が「行きたい」と希望していた
学校に通えることに。
ひとまず良かった、良かった!

思えば、合格発表まで長かった・・・。
どこから振り返ればわからないほど、
本当に色々とありました。

親として心底まいったのは、去年の夏。
朝から晩まで休みなく続く、夏期講習。
これでポッキリと息子の心が折れました。
「もう受験しない。塾にもいかない」

親子で大げんかです。
「塾に行きなさい」「いやだ、行かない」
頑なに家を出ない日もあれば、
家を出ても塾には行っていない日もありました。

さて、どうしたもんか・・・。
塾の先生と面接を重ねましたが、
解決策は見つからず・・・
ひとまず本人の気持ちが戻ってくるのを待つことに。
親としては、とても焦りました。

で、さらに困ったのが夏休み後。
2〜3日学校に通った後、急に
「学校にも行きたくない」と。
「はぁっ!?」
また取っ組み合いの大げんか。
でも喧嘩したところで事態は改善するはずもなく、
学校と相談してしばらく休ませることに。
理解力のある校長、教頭、担任の先生には
本当に本当にお世話になりました。

息子が学校に行かなくなって、およそ2ヶ月。
塾もずっと休んでいたので、休塾の手続きをしました。
行ってないのに毎月7万ぐらいかかるのでね(苦笑)
息子は一体どうなっちゃうんだろう?
毎日本当にすごく悩みました。

で、息子が変わってきたのは
児童支援コーディネーターの先生がうちに来た時。
「どうするいつまで休む?」
「うーん、あと2週間」
その後、先生から電話があり
「自分できっちり線を引けたので大丈夫だと思います」と
えーー、そんなはずないじゃん。って

で、運命の2週間後。
担任の先生が朝、迎えに来てくれました。
そしたら息子はあっさり学校に。
次の日も次の日も。
担任はもちろん、クラスメイトが何事もなかったように
受け入れてくれたのが良かったようです。
本当に感謝感謝。

で、数日後、突然息子に聞いてみました。
「受験、どうする?」
「どっちでもいいよ」
「じゃあ受けるか受けないかはギリギリで決めるとして、
準備はしとこうか」
「どっちでもいいよ」

どっちでもいいなら勉強させよう!(笑)
塾に戻るか迷いました。
授業についていけないのではないか?
クラスメイトと溝ができてるのではないか?

で、きっぱりと塾をやめ、
家庭教師を探すことに。
もう11月も半ば。
こんなタイミングで頼むのもどうかと思いながら
ネットで調べた1人の先生と面接することに。

ここでワタクシの引き良さが!(笑)
お願いしたのは近所に住む東大生(しかもイケメン)

息子の状況を話し、夏までの模試の結果を見せ、
志望校を伝えたところ・・・「たぶん大丈夫です」と。

そこから週3回、2〜3時間の勉強。
塾よりも全然少ない!
親としては超不安!

でもね、でもね、息子が楽しそうなんです。

ワタクシはとても反省しました。
夏頃は「塾に行け」としか言ってなかった。
さらにいえば、どんなクラスで
どんな先生に習っているのかも知らなかった。
息子に聞いたら「塾の先生にプレッシャーをかけられるの
すごい嫌だった」と。

それと違って家庭教師さんは顔が見える。
やり取りもめっちゃできる。
しかも息子の弱点と見抜くのが上手。
さらにさすが東大生!
過去問から得る情報量と傾向と対策がすごい。

最後の授業も「社会はここが出るかも」とアドバイスしてくれた北海道の地理がバッチリ出題されました(笑)
すげー。

どんな先生に習うか、って大事ですね!
いろいろあったけど、全て良し!

中学校ではスポーツと勉強に力を入れて欲しいです。

【言葉と方法の工夫】

10月21日・22日、群馬県高崎市で開催された
『日本PTA関東ブロック研究大会』に参加してきました。

ワタクシが参加したのは第7分科会。
講演は教育評論家の親野智可等さんでした。
テーマは「子どもたちをよりよく育てるための、
学校・家庭・地域の連携のあり方について!」。
話の多くは親野さんの経験を交えた子どもとの接し方、
教育に関するエピソードでした。

 

【裏教育の怖さ】

子どもが片付けをしない。歯磨きをしない。何度叱っても直らない。
親野先生はこういう時に
「片付けをしなさい!」「歯磨きしないと遊ばせないよ!」などと
子どもを叱る親が多いと言います。
しかし、
このように「否定的に叱ること」は1つもメリットがないとのことです。
「〜〜しないとダメでしょ!」という叱り方もその1つ。

こうした叱り方は、子どもの自己肯定感を失わせ、
自分に自信が持てなくなる可能性があるということです。
さらに親野先生が心配していたのは、モデリング効果による
『裏教育』だと言います。
モデリング効果は心理学の言葉で「モデル(この場合は親)となる人の
言葉や動作を見て、自分も真似すること」。
つまり、こうした叱り方をされ続けた子どもが
「何かできないことがある相手に対し、それを理由に責めたり、
とがめたりしてよい」という形で記憶し、
友達や兄弟に対し、責めたりする子になってしまうということです。
良かれと思って叱った親の意図とは違う形で伝わってしまうため
『裏教育』と呼んでいるそうです。

では、子どもを否定的に叱らずに、物事をやらせるにはどうすれば良いのか。
親野先生は「言葉と方法を工夫しよう」と提案されていました。
子どもに何かをやらせたい場合は「〜〜しなさい」ではなく、
「〜〜しよう」「〜〜するとよいよ」という前向きな言葉を使う。
方法(やり方)の工夫に関しては、例えば歯磨きをしない子どもであれば、
食後にガミガミ怒るのではなく、食卓のお箸の横に歯ブラシを置いてみる。
これだけのことでも子どもは食後の歯磨きが意識でき、
自発的にやる可能性が高まるそうです。

この「言葉と方法の工夫」は、PTA活動でも必要だなと感じました。
保護者から文句の出やすいPTA活動を
いかに快く、前向きに、そして楽しく活動してもらうか。
そのためには言葉を少し言い換えてみたり、やり方を変えてみる。
少しの工夫で、多くの保護者に「今までのPTA活動とは違う」という印象を
持ってもらえる可能性があるのかなと思いました。

【地域の中の学校】
第7分科会の最後は、とある校長のお話でした。
この校長によると「18歳以下がいる世帯」は
昭和61年が46.2%だったのに対し、
現在は22.6%に半減しているそうです。
校長は「学校に関わる世帯がおよそ2割になっている。
多くの人たちにとって、学校は自分の生活と関係ない場所に
なっているのではないか」とおっしゃっていました。
最近、一部で「学校は迷惑施設だ」という過激な言われ方もしています。
未来の人材を育てる学校が、このような言われ方をするのは
保護者の一人として悲しい気持ちになります。
地域の中の学校のあり方。
保護者として協力できることは限られてはいますが、
そこにも工夫が必要なのかなと感じました。

【勉強で息切れ・・・!?】

長男は6年生。

受験に備えて塾の勉強が本格的になってきました。

学校から帰ってきて遅くまで塾にいます。

本人は行きたい学校、やりたい部活があるようなのですが

今現在、塾の勉強が長時間に及ぶため、受験(勉強)に逃げ腰。

「受験しなくていい」と口にしています。

そして「受験前にちょこっと勉強すれば大丈夫」って・・・。(苦笑)

そんな訳ないだろ!(笑)

 

 

中学受験

親としては、結構悩みます。

受験させるべきなのか、させるべきではないのか。

本人の意思が一番大事なのですが、

現段階では「受験前にちょこっと勉強宣言」。

なんだ自分で選んだ中学に行きたいんじゃん。

春期講習から塾にいる時間が以前に比べてとても長くなりました。

しかも先日のテストの結果がとてつもなく悪かったため

塾と相談してより長く・・・。

さらに、勉強に逃げ腰なので、習ったことが頭に入っていないことが多く

居残り授業が・・・

早めに自信つけて、よいスパイラルに入ってくれると良いのですが・・・

先日、塾の保護者会があったのですが

「中学受験は体力勝負です」と言われました。

まさにその通りだなぁと。

あと10ヶ月弱。

結果はどうであれ、頑張ってほしいと思います。

【あなたがいないと困る!(2016年度卒業式)】

もう桜の季節も終わるのに。。。。卒業式の挨拶の話。

PTA会長として最も緊張するのが、この挨拶。

あの厳かな空気が張り詰める中、壇上に登る。

会場を見渡すと体育館いっぱいの参列者が

私に注目しています・・・。

 

今年は5年生の息子が卒業生を送る学年で参列していることもあり、

より緊張しました。

で、せっかくなら卒業生だけでなく、息子に伝えたいことを

挨拶に込めることにしました。

 

伝えたかったこと。

それは

「あなたがいないと困る、と言われる人に成ってほしい」

サッカーの試合があるから、あなたがいないと困る

勉強を教えて欲しいから、あなたがいないと困る

話をまとめて欲しいから、あなたがいないと困る

場を和ませてくれる、あなたがいないと困る

 

周りから、いないと困るといわれる人は、

ほかの人が持っていない特技や能力、魅力があるということです。

 

私はこれが個性だと思います。

卒業生、そして息子には個性を伸ばしていって欲しいです。

そして、周りの仲間の個性を認め、

素直に相手に「あなたがいないと困るんだけど」と言える人に

なって欲しいと思います。

【PTAも新年度】

息子が通っている小学校も新年度がスタート。

同時にPTA活動もスタートしました。

PTA会長として迎える3年目。

うちのPTAはスリム化を目指して、

去年度末から役員・運営委員・先生方の協力を受けて

活動をいろいろと見直しております。

知らず知らずのうちに各委員の活動内容が増えている。

それをバサッと見直そうというものです。

 

例えば・・・旗振り。

うちは通学時の旗振りが2種類あって、

担当する委員会も旗振り係の対象者も違うため、

煩雑になっていました。そのため混乱する保護者も多く・・・

(今までなぜそれを続けていたんだろう、とも思いますが・・・)

これをすっきりと見直しました。

すると、旗振りを担当していた2つの委員の仕事が

それぞれ減りました。

トラブルの元になりそうなことも無くなりました。

 

各委員の経験者から「無駄だと思う活動」を挙げてもらうと

いろいろと出てくるものです(苦笑)

 

 

 

PTA活動のスリム化。

活動の見直しで賛否は出てくるだろうけど、

基本的に掲げるのは「PTA活動は、楽に、楽しく」

1年後に「PTA活動、やってみると意外と楽で楽しかった」という

保護者が増えるといいなぁ、と思っております。

 

 

【気がつくということ】

11092599_680781325384822_4610208324531251745_o (1)

写真は、とある放送局に貼られているもの。
見るとわかると思いますが、
赤いのが男性青いのが女性

「このマークをパッと見て、
 赤は女性、青は男性という先入観で見ていませんか?」
という注意喚起。

つまり、その思い込みが放送用の素材を間違え、
放送事故につながりますよということ。
なるほどね、確かにデザインと色で覚えているので先入観があります。

違う局の番組ですが、先日早稲田の大学院で

腸内細菌のメタゲノム解析をされている服部正平先生にお話を伺いました。
収録終了後にこんな話をしてくれました。
服部先生は新しく大学に入ってきた新入生に

こんな問題を出すそうです。

「チンパンジー、パンダ、バナナ。
 この3つの中で関係性があるのは?」

多くの学生たちが「チンパンジーとバナナ」をつなげるそうです。
でも海外の学生は「チンパンジーとパンダ」をつなげる。

日本の学生は「チンパンジーがバナナを食べる」という関係性。
海外の学生は「チンパンジーとパンダは動物」という関係性。

この話を聞いて「チンパンジーにはバナナ」という
固定観念を捨てて、
もう1つの見方ができるようになりたいなと思いました。
そして子供達にも先入観や固定観念に凝り固まるだけでな
色々な角度からモノを見られる人になって欲しいなと思います。

【勉強をする理由】

11988455_747376115392009_4669038900189200027_n
先日、グノシーで見た記事が面白かった。

「なぜ勉強をしなければいけないのか?」という
子供の疑問に対するお母さんの答えというもの。

「勉強をなぜするのか親に訊いたときに、
 コップを指して
 国語なら『透明なコップに入った濁ったお茶』
 算数なら『200mlのコップに半分以下残っているお茶』
 社会なら『中国産のコップに入った静岡産のお茶』
 と色々な視点が持てる。
 多様な視点や価値観は心を自由にする」

なんと素晴らしい返しなんでしょう。
これは子供に言いたくなっちゃうな(笑)
どんなタイミングで言おうかしら・・・。

 

【子供の疑問に答える】

1779675_455868757876081_510141811_n

長男が3歳ぐらいの頃、ことあるごとに
「なんで?」「なんで?」と質問攻めにされた。
小さい子にはよくあること。

これに対し当時の私は、息子の「なんで?」に
丁寧に答えるのがいいことだと思ってた。

しかし!先輩パパに・・・

「全ての疑問に答えるのはよくない。
 子供は親に聞けば何でも教えてくれると思い、
 自分で考えることをしなくなる」

とアドバイスされました。
言われてみると確かに。


答えてあげたほうがいい疑問。
自分で考えさせる疑問。
一緒に考える疑問。

親として一旦考えて答えてあげるのがいい。

現在、子供の「なんで?なんで?」攻撃に合っている
パパとママのちょっとしたキッカケになれば。(S)

【スパイスと植民地】

10411008_724758584320429_4494107504193723280_n

先日、息子の国語の勉強に付き合うことに。
「日本のカレーはどこから来たのか?」という文を読んで
問題に答えるというもの。

本文にはカレーがインドからイギリスを経て
日本に伝わる様子が書かれていました。

でも息子の頭にあまり内容が入ってみたいで・・・・
「ん?」と思って聞いてみたら、
文中の「スパイス」や「植民地」「鎖国」の意味が
わからないとのこと。

ありゃ・・・そこか。

ざっくりいうと、
インドではそれぞれがスパイスを調合してカレーを作っている。
インドを植民地にしていたイギリスは、
本国でもカレーを作りたいとスパイスを持ち帰ったが
インドのようにうまく調合できない。
だから誰でも作れるようにスパイスをミックスさせた
カレー粉を作った。
日本は鎖国後にヨーロッパと貿易を始め、カレーが伝えられた。
だから日本のカレーはインド→イギリス→日本の順番で
伝わってきたとのこと。

文中に注釈や意味が書いてあればいいんだけど、ないし・・・。
でもこうやって新しい言葉に触れていけばいいのか。

わからない言葉をノートに書き出すようにしてくれたら
劇的にボキャブラリーが増える気がするけど、
息子にいったら「面倒くさいからヤダ」って言われそうな
気がする・・・。(苦笑)
でも提案だけはしてみます。
(S)

【好きを勉強に絡める】

11781742_731181633678124_2852184472948112067_n

以前、息子は社会が苦手と書いた記憶がありますが
理科も苦手(苦笑)
(もっと言うと国語も算数も・・・)

単に覚えるだけというのが嫌いみたいです。
好きな漫画とかゲームのことはどんどんと覚えるのに。
でもこれは勿論、当たり前ですよね。

好きなものはドンドンと覚える。
じゃあ、嫌いなものはどうすればいいのか?

やはり好きなものをからませることらしいです。
例えば・・・
サッカーや野球が好きな場合は、
チームの本拠地と都道府県の位置関係、
代表国の歴史を絡める。
食べ物が好きな場合は、名産品を絡める。

さて、理科はどうしたもんだろう?
実験で体験することが一番ですかね・・・。
実験は楽しいし、好きそうだし。

好きとか、興味の持たせ方って方法があるんですかね?
お子さんを理科好きにされた経験がある方、
情報をお待ちしています・・・
(S)